マインクラフトってどんなゲーム?プログラミングに役立つというのは本当!?

posted in: コラム | 0

みなさんは「マインクラフト(Minecraft)」というゲームをご存じですか?

Windowsを開発・販売しているマイクロソフトの子会社が開発しているゲームで、パソコン、スマホ、タブレット、PlayStation4やNintendo Switchといった家庭用ゲーム機など、様々な機種に対応しているのが特徴です。

子どもだけではなく大人にも人気があり、YouTubeでも有名ユーチューバーがこぞってプレイ動画を上げるほどの盛り上がりを見せています。

2019年5月、それまで不動の1位だった「テトリス」を抜いて世界売上1位のゲームとなっています。

一方で、教育現場からもプログラミングやアクティブ・ラーニングに効果があると期待されており、各国で授業や学習に取り入れられています。日本でも4月からの小学校のプログラミング教育必修化で教材として使う学校が増えるのではないかと予想されています。

今回はこの「マインクラフト」がどのようなゲームなのか紹介したいと思います。

「砂場」で「ブロック」を使い遊ぶゲーム

マインクラフトは「サンドボックス(砂場)」と言われるジャンルのゲームです。

「砂場遊び」のように決まった遊び方やゴールは存在していません。
まずゲーム画面をご覧ください。

※画像は公式サイトのものです

想像されていた「世界で一番売れているゲーム」のイメージに合っていましたか?

筆者は初めて見たとき「このグラフィックで子どもが夢中になっているの?本当に?」と言ってしまいました。
最近のゲームはリアルな見た目のものが多いので、そういうゲームでないと興味を持たないのでは?と思っていたのです。

でも、詳しく知っていくにつれて、グラフィックなどどうでもいい、いやむしろこのグラフィックでないと!と思うくらいのゲームの魅力に気付きました。

壮大なブロック遊び

みなさんは、子どもの頃ブロックで遊んだことがあると思います。

マインクラフトはそのブロック遊びをゲーム内で行うことができると思っていただければわかりやすいと思います。マインクラフトでは、世界の要素がすべて「ブロック」で表されます。 プレイヤーは、このブロックを壊したり、集めたり、積み上げたりして遊びます。

ブロックで作られた平原や海が広がる世界を自由に歩き回り、 建物を作ったり、敵と戦ったり、村人と取引をしたり……。
なんでも好きなようにできるゲームです。
「○○しなければならない」「誰かに話しかけないとゲームが進まない」などという制約は一切ありません。


ブロック遊びとの違い

実際のブロック遊びの場合は、ブロックの数に限りがあります。

「手持ちにあるブロックでいかに自分の作品を作るか」 という制限がかかります。
マインクラフトの場合は、モードにもよりますが、 数多くの種類のブロックを、自由に・際限なく使用できます。

もちろん、限られた中で自分の好きなものを作ることも、遊びの上では大事な要素ですが、マインクラフトでは
実際にはほぼ不可能な、大量のブロックを使った自分だけの作品を作り上げることが可能です。

みんなで遊ぶことができる

マインクラフトでは、ネットワークを介して複数人で遊ぶことができます。 誰かの作った世界に遊びに行き、一つの世界をみんなで楽しむことができます。

また、マインクラフトはゲーム機による制限がないため、 例えばAさんはパソコン、BさんはiPad、Cさんは
Nintendo Switch を使っていたとしても、 同じ世界で遊ぶことができます。

遊び方によりモードを使い分けることができる

マインクラフトには様々な「モード」があり、遊び方によってモードを使い分けることができます。

クリエイティブモード

「自分の世界を作る」ことに専念できるモードです。
クリエイティブモードで始めると、以下のような状態でスタートします。

・すべてのブロックを所持した状態
・際限なくブロックを利用できる(無限に使うことができる)
・敵は出てくるが、攻撃されない

マインクラフトには、100種類を超えるブロックが用意されています。
ブロックを組み合わせることで、様々なアートを作り上げることができます。

自分の家はもちろん、 花を使った庭園を作ったり、ドット絵のようなオブジェを作ったりすることもできます。

画像のように、キャラクターが空を飛んで上から風景を見ることもできます。

サバイバルモード

クリエイティブモードとは対照的な状態で始まるのがサバイバルモードです。

・何も持っていない(すべて自分で手に入れる必要がある)
・ブロックを作るための作業台も自分で作らなければならない
・HP(ヒットポイント)と空腹度があり、HPが0になると死んでしまう
・敵から攻撃される

プレイヤーは、生きるために自分で食料を確保したり、敵から攻撃されない家を作らなければなりません。

もちろん自分で素材を集めるまでは何も作れませんが、 様々な素材を集めることで少しずつ自分の世界を広げていくことができます。

画面下の持ち物一覧の上に、ハートマーク(HP)と肉マーク(空腹度)があるのがわかると思います。

なお、死ぬとその世界に初めて降り立ったところに戻りますが、持ち物と経験値は死んだ場所にばらまかれるため、運が悪いと回収できません。

なお他に、死ぬと世界自体が削除されてしまう「ハードコアモード」、 プレイヤーが制作したマップを冒険するための「アドベンチャーモード」、 何かを作ることはできず、ブロックをすり抜けることができる「スペクテイターモード」もあります。

子どもでも遊ぶことができる?

「何か複雑そうだけど、子どもが遊ぶことはできるの?」
とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、子どもでも充分に遊ぶことができます。
頭が固くなっている大人より、操作を覚えてしまえばあっという間に色々な遊び方を始めます。

上で紹介したドット絵オブジェも、ガラスブロックや花を使って作った庭園も、小学校入学前の6歳児がiPadを使って自分で作成したものです。

YouTubeのプレイ動画を参考にしつつ、自分で考えて作ったものだそうです。
ブロックの世界にとどまらない「作る楽しさ」を味わえるゲームだといえます。

マインクラフトはプログラミング教育に役立つ?

マインクラフトの紹介で「プログラミングやアクティブ・ラーニングに効果がある 」と期待されていると書きました。

開発元もそれを意識した「教育版マインクラフト(Minecraft: Education Edition )」を販売しており、日本では総務省が「若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業」の一環として、2017年に小学生を対象とした
教育版マインクラフトを活用したプログラミング的思考学習の推進
を実施しています。

これは、実際にプログラミングしてマインクラフト上で指定されたようにキャラクターを動かすという課題に取り組んだものですが、参加者の95%は「今後もプログラミングを続けたい」と答えており、子どもにプログラミングに興味を持ってもらうことができたと言えます。

ゲーム感覚でプログラミングに触れられるというのは、大きなメリットとなります。

マインクラフトと組み合わせて使えるツール

マインクラフトは自由度が高いゲームのため、外部のプログラミングツールを使って色々なことができます。

・10個のブロックを縦に積み立てる
・自分の家にテレポート

といった操作はもちろん

・「はれ」と言ったら天気を晴れにする
・他のプレイヤーに話しかける

などといった複雑なこともすることができます。

MakeCode for Minecraft

MakeCodeは、マイクロソフトが出しているプログラミング学習のツールです。
ビジュアルプログラミングと、普通のプログラミングを切り替えて見ることができます。
このツールでマインクラフトを操作するのが「MakeCode for Minecraft」です。

元々が英語のサイトのため、ところどころ不親切ですが、Windows10が使えれば、プログラミング自体はわかりやすくできると思います。

MOD

プログラミング(Java)の知識が必要になる上級編として「MOD(モッド)」を紹介します。

これはゲームの見た目変更や、本来マインクラフトに存在していない機能などを追加する改造プログラムです。
開発元はユーザーが改造することを容認しており、公式イベントでMOD開発者が意見交換したり、優秀なMODは公式サイトで紹介したりと、こちらも盛り上がりを見せています。

さすがにいきなりMODを作るのは難しいですが、他の人が作ったMODをインストールして遊ぶことはできます。
ブロックを使うゲームなのに、ブロック感がまったくなくなるMODも存在しています。

見た感じは、もはやマインクラフトではありません。
(画像はNo Cubes Mod公式サイトより)

マインクラフトの「できること」がいかに幅広いかわかる良い例だと思います。

おわりに

ただゲームをプレイするだけでなく、自分好みにカスタマイズしたり、動かしたりすることができるマインクラフトは、子どもの創造性や論理性を同時に育むことが期待できる、画期的なゲームだと言えるでしょう。

残念ながら無料ではありませんが、お子さんが興味をお持ちであれば、購入する価値は充分にあります。

みらいごとラボでは、 マインクラフトと先ほど紹介したMakeCodeを使用した「マイクラプログラミングコース」を用意しています。

楽しみながらプログラミングを始めたいお子さんにはうってつけのコースだと思いますので、興味がありましたらぜひ、コース詳細をご覧ください。