【2022年3月スタート】

マイクラやScratchのプログラミングと、さくらんぼ計算のカリキュラムで思考力を鍛えます。小学1年生・2年生を対象とした、オンラインで課題提出・添削型のコースです。

まずパソコンに慣れることから始めます。動画を観ながら簡単なプログラミングを行うと同時にキーボードの使い方やマウスの使い方に慣れていきます。

前半の半年間はMinecraft(マイクラ)を使って学び、後半の半年間はScratchで学びます。
1年程度かけて基礎的なことを学びますので、次のプログラミングスタートコースに無理なくステップアップすることができます。

マイクラプログラミング


マインクラフトとMakeCodeをつなぐと、エージェントというロボットが出現し、このエージェントに指示を出して仕事をさせることができるようになります。

さまざまなブロックを組み合わせプログラムを組み立てます。

まずはエージェントの動かし方から始めましょう。

オリジナルの動画カリキュラムを使い、基本操作から段階的にプログラミングの考え方を身につけていきます。

Scratchプログラミング


Scratchはキーボード操作をほとんど必要としないプログラミングツールです。

直感的にアニメーションやゲームを作ることができ、簡単に本格的なプログラミングを学ぶことができます。

オリジナルの50の動画カリキュラムを使って、Scratchの基本的な操作から、応用までを段階的に分かりやすく紹介しています。動画を観て、実際にやってみる、を繰り返し、プログラミングの基礎知識から考え方も自然に身につけていきます。

さくらんぼ計算

空いた時間でさくらんぼ計算も取り組みましょう。数字を分解して、計算のしやすい10の塊を作るなどの論理的な思考力を養います。

こんなツールを使います


大人気ゲーム、マイクラ。 実は世界中の教育現場でも教材として使われており、その教育効果の高さが改めて注目されています。

マイクラとMakeCodeと接続することで、マイクラの世界でプログラミングが学べます。

オリジナルの動画教材を使います。
動画は何度でも繰り返し観ることができるので、わからない時は戻って復習も可能です。

一つの動画は数分間でわかりやすく、基礎から応用を繰り返しながら段階的に学んでいきます。
5つの動画ごとに【確認課題】でスキルが身についているかを講師がチェックします。