Scratchコース

MITが開発したScratch

scratchのUI

米国マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された子ども向け学習用ツール「Scratch」。世界のプログラミング教育で最も使われています。日本ではNHKでScratchを使った番組が放送されるなど、注目されています。ゲーム感覚で学んでいけるので、楽しくプログラミングスキルが身に付きます。

Cクラス:  Scratchを用いてプログラミングの基礎的なことを学びながら創造性を活かして簡単なゲームを作っていきます。
学習の目安として、サーティファイ主催の「ジュニア・プログラミング検定 エントリー級」の合格を目指します。

Dクラス:  プログラミングのスキルを伸ばし、応用から活用の段階に入ります。Cクラスよりも難易度の高いゲーム作りを通してよりプログラミングを理解していくコースです。「ジュニアプログラミング検定ゴールド級」合格レベルのスキルを身につけます。

後半のカリキュラムでは、Scratchのブロックと実際のコードの違いを学んでいきます。お子様の進捗状況に合わせて、講師が丁寧に指導していきます。本格的な「プログラマー」としてスタートすることができます。