Scratchコース

MITが開発したScratch

scratchのUI

米国マサチューセッツ工科大学で開発された子ども向け学習用ツール「Scratch」。世界のプログラミング教育で最も使われています。日本ではNHKでScratchを使った番組が放送されるなど、注目されています。ゲーム感覚で学んでいけるので、楽しくプログラミングスキルが身に付きます。

Cクラス:  学習の目安として、サーティファイ主催の「ジュニア・プログラミング検定 エントリー級」の合格を目指していきます。

タブレットでも受講可能ですが、PCをそろそろ用意しても良い頃です。

Dクラス:  プログラミングのスキルを伸ばし、実際に「Scratch」でゲームや日常で使うアプリを設計、開発するコースです。「ジュニアプログラミング検定ゴールド級」合格レベルのスキルを身につけます。

後半のカリキュラムでは、Scratchのブロックと実際のコードの違いを学んでいきます。お子様の進捗状況に合わせて、講師が丁寧に指導していきます。その事により、本格的な「プログラマー」としてスタートする事ができます。